タガログ語単語

【タガログ語単語】「映画」を意味する”sine”と”pelikula”の違い

タガログ語で「映画」を意味する単語といえば”sine(シーネ)”が有名かもしれませんが、実は”pelikula(ペリクーラ)”という単語もあるのも知っていましたか?

この2つの単語には明確な違いがあるので、普段の会話の中では、pelikulaについて話しているのにsineを使ってしまっていることもあるかもしれません。

そこで、このページではこの2つの違いについて解説しておきます。

sineとpelikulaの違い

sineとpelikulaの違いは映画館で見る映画なのか、それともそれ以外の物なのかによって区別されます。

「sine」と「pelikula」の違い
  • sine:映画館で見る映画のこと
  • pelikula:映画館で見る映画や映画そのもの

そのため、「後で(映画館で)映画見ない?」や「この前、公開された新作の映画、早く見たいなぁ」のように映画館で見る映画について話す時は”sine”を使います。

(映画館で)映画見ない?

Gusto mo bang manood ng sine?
グスト モ バン マノオッド ナン シーネ

一方、「後で、私の家で映画見ない?」のように場所が映画館でない場合は”pelikula”を使います。

さらに、「趣味は映画を見るところです。」や「君の好きな映画は何?」など、映画そのものについて話す時も”pelikula”を使います。

映画を見るのが好きです。

Mahilig ako manood ng pelikula.
マヒリッグ アコ マノオッド ナン ペリクーラ

お気に入りの映画は何ですか?

Anong paborito Mong pelikula?
アノン パボリート モン ペリクーラ

created by Rinker
¥4,180
(2020/09/20 19:20:26時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

違いがわかりましたか。

会話ではsineは映画館で見る映画に限定されるので、会話ではpelikulaを使うことの方が多いかもしれません。

もし、「映画」=「sine」と思っていた方はこれから、「pilikula」も使って会話してみてください。

「sine」と「pelikula」の違い
  • sine:映画館で見る映画のこと
  • pelikula:映画館で見る映画や映画そのもの

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA