タガログ語会話・文法

【タガログ語会話】着衣表現「〜を着ている」や「〜を履いている」ってどういうの?

今回はタガログ語の着衣表現「〜を着ている」や「〜を履いている」の言い方を紹介します。

タガログ語で「〜を着ている」・「〜を履いている」の言い方

「黒いシャツを着ている」や「スカートを履いている」、「メガネをかけている」のようにタガログ語で着衣を表現したい場合は次のように表現します。

着衣表現の言い方

naka + 語根
ナカ

そのため、メガネをかけていると言いたければ「naka + salamin → nakasalamin」、靴を履いていると言いたければ「naka + sapatos → nakasapatos」となります。

●メガネをかけている
naka + salamin → nakasalamin

●靴を履いている
naka + sapatos → nakasapatos

●ポロシャツを来ている
naka + polo → nakapolo

●帽子をかぶっている
naka + sombrero → nakasombreron

nakaを頭に付けるだけなので、簡単ですね!

ちなみに「白い靴を履いていました。」や「赤い帽子をかぶっていました。」のように形容詞が前にくる場合は、次のように表現します。

形容詞が前に来る場合の言い方

naka + 形容詞 + リンカー + 名詞(靴、帽子など)
ナカ

例文

アンナさんは黒いポロシャツを着ている。

Nakaitimi na polo si Anna.
ナカイティム ナ ポロ スィ アンナ

彼はさっきメガネをかけていました。

Naksasalamin siya kanika.
ナカサラミン シャ カニナ

あのスカートを履いている人は誰ですか。

Sino iyong babae nakapalda?
グワッポ イヨン ララーキ ナカパルダ

あのスーツを着ている男性はかっこいい。

Gwapo iyong lalaking nakaamerikana
グワッポ イヨン ララーキ ナカアメリカーナ

最後に

今回は着衣を表す表現「〜着ている」、「〜を履いている」のタガログ語表現をを紹介しました。

nakaを頭に付けるだけで、超簡単なのでしっかり覚えておきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA