タガログ語会話・文法

【タガログ語文法】行為者フォーカス「maki動詞」の活用ルールまとめ

行為者フォーカスの動詞(mag動詞、um動詞、mang動詞など)は中立モードを表しますが、makiが付くことで参加モード、つまり「〜と一緒に・・・します」と表すことができます。

このページでは、そのmakiをつけるためのルールを紹介します。

以前紹介した「maka動詞」と同じパターンなので、既にmaka動詞を学習されている場合は簡単です。



maki動詞の活用パターン

1. um動詞の場合

um動詞からmaki動詞を作る場合、次のようなルールに沿って作ります。

  • 不定相:「maki」を語根の前につける
  • 完了相:「naki」を語根の前につける
  • 継続相:「nakiki」を語根の前につける
  • 未然相:「makkiki」を語根の文字つける

例えば、「食べる」を意味する「kumain」であれば、語根は「kain」なので、

不定相:makikain
完了相:nakikain
継続相:nakikikain
未然相:makikikain

となります。

語根が母音で始まる場合も同じルールで活用します。

2.mag動詞の場合

mag動詞からmaki動詞を作る場合、次のようなルールに沿って作ります。

  • 不定相:「makipag」を語根の前につける
  • 完了相:「nakipag」を語根の前につける
  • 継続相:「nakikipag」を語根の前につける
  • 未然相:「makikipag」を語根の文字つける

語根の前にこれらをつけるだけなので簡単ですね。

例えば、勉強するの「mag-usap」であれば、語根は「usap」なので、

不定相:makapag-usap
完了相:nakapag-usap
継続相:nakakapag-usap
未然相:makakap-usap

となります。

3.mang動詞の場合

mang動詞からmaki動詞を作る場合、次のようなルールに沿って作ります。

  • 不定相:「maki」 + mang動詞の不定相(先頭文字mをpに置き換える)
  • 完了相:「naki」+ mang動詞の不定相(先頭文字mをpに置き換える)
  • 継続相:「nakiki」+ mang動詞の不定相(先頭文字mをpに置き換える)
  • 未然相:「makiki」+ mang動詞の不定相(先頭文字mをpに置き換える)

例えば、買い物するという単語の「mamili」の場合、次のようになります。

不定相:maki mamili ▶︎makipamili
完了相:naki mamili ▶︎nakipamili
継続相:nakiki mamili ▶︎nakikipamili
未然相:makiki mamili ▶︎ makikipamili

created by Rinker
¥4,180
(2020/12/02 02:38:51時点 Amazon調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA