タガログ語単語

【タガログ語単語】小辞

このページではタガログ語の小辞について紹介しています。

小辞という言葉は聞きなれないかもしれませんが、副詞の一種を指します。

フィリピン語には文中における位置が自由な副詞と、位置が限定される副詞が存在し、後者の「位置が限定される副詞」のことを「小辞」と読んでいます。

小辞には文の意味を付け加えたり、やわらげたり、様々な機能があり、あなたが知っているであろう「ba」や「po」なども小辞の一種と言えます。

小辞は1音節のものと2音節のものがあり、以降それぞれ音節ごとに分けて紹介します。

タガログ語の小辞:1音節のもの

まず1音節の小辞ですが、以下のものがあります。

日本語タガログ語発音
すでにna

まだ / ほかにpa

語調をやわらげたり、強調したりするときに使うnga

〜もまたdin / rin

ディン / リン
〜もまた / たとえ〜であってもman

マン
〜だけlang

ラン
〜だそうだdaw / raw

ダウ / ラウ
敬意を表すpo / hoポ / ホ
疑問文を作るときに使うba

ngaの発音は鼻濁音といって、鼻にかかったような音で言います。

鼻濁音については以下の動画が参考になります。

1音節の小辞を使った例文

もう、ご飯食べましたか。

Kumain ka na?
クマーイン カ ナ

フィリピンではこのフレーズが挨拶の代わりによく使われます。

いいえ、まだです。

Hindi pa.
ヒンディ パ

このフレーズは先ほどの「Kumain ka na?」の質問に対する返答でよく聞きます。

いいえ、まだです。

Estudyante rin si John?
エストジャンテ リン スィ ジョン

dinの前に来る単語が母音(a,i,u,e,o)で終わるとき、rinに変わります。

少しだけです。

Kaunti lang.
コンティ ラン

彼も行くそうだ。

Pupunta rin daw siya.
ププンタ リン ダウ シャ

ありがとうございます。

Salamat po.
サラーマット ポ



タガログ語の小辞:2音節のもの

続いて、2音節の小辞ですが次のようになります。

日本語タガログ語発音
語調をやわらげたり、対照的なことを表すときに使うnaman

ナマン
驚きを表す。pala

パラ
〜ならいいのに / 〜すればよかった / 〜したかったのにsana

サーナ
〜だろうかkaya

カヤ
とりあえずmuna

ムーナ
なぜならkasi

カスィ
おそらくyata

ヤータ
結果や継続を表すtuloy

トゥロイ

2音節の小辞を使った例文

また会えるといいですね。

Sana mag-kita tayo ulit.
サーナ マグ キータ ターヨ ウリット

とりあえず食べましょう。

Kumain muna tayo.
クマーイン ムーナ ターヨ

最後に

今回はタガログ語の小辞とその例文を紹介しました。

かなり大切な言葉ですから、よく聞く小辞は少しずつ勉強して覚えるようにしましょう。

【タガログ語文法】小辞の文中における位置関係についてタガログ語には文中における位置が限定される副詞があります。 それが「小辞」と呼ばれるものです。 このページでは、その小辞の文...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA