タガログ語会話

【タガログ語文法】これで完璧!「SA形」の解説

今回はタガログ語で文を作る時に必要となる要素「SA形」について学習しましょう

この記事のゴール
  1. SA形を理解する

このページでは、ある程度タガログ語の単語を知っていることを前提として紹介していきます。

created by Rinker
¥4,104
(2019/09/16 14:35:30時点 Amazon調べ-詳細)

SA形って何?

以前、「ANG形の解説」でも紹介しましたが、タガログ語には標識辞(マーカー)というものがあり、「SA形」もその1つです。

【タガログ語文法】これで完璧!「ANG形」の解説タガログ語の標識辞(マーカー)の1つ「ANG形」についてわかりやすく解説しています。タガログ語に興味がある方はぜひ読んでください。...

「ANG形」は文の主語を表す機能があったわけですが、「SA」形は大きく分けて以下の4つの機能があります。

  1. 所有:〜の
  2. 時:〜に
  3. 場所:〜で
  4. 方向:〜に、〜に対して

例えば、「彼ものです」、「イベントは日曜日ある」、「フィリピン大学働いている」、「マカティ行きます」、こういった表現を使うときに「SA形」が使われます。

(1)それは彼のものです。

Sa kanya ito.
サ カニャ イト

(2)イベントは日曜日にある。

Sa Linggo ang event.
サ  リンゴ アン イベント

(3)彼はフィリピン大学(UP)で働いています。

Nagtatrabaho siya sa UP.
ナグタットラバーホ シャ サ ユーピー

(4)マカティに行きます。

Pupunta ako sa Makati.
ププンタ アコ サ マカティ

SA形は使用範囲が広く少しややこしいかもしれませんが、日本の助詞のように文を構成する上で欠かせないものなので、しっかりと学習しておく必要があります。

  • 「SA形」は標識辞(マーカー)の1つ。
  • 「SA形」は所有、時、場所、方向を表す。

それでは、もう少し「SA形」について見ていきましょう。



SA形の対応表

先ほどの例文では「sa Makathi」や「sa UP」のように「sa」を使って表現していましたが、ANG形と同様に接続する単語が人名なのか、普通の物なのか、条件により形が変わります。

その対応表は次のようになっています。

人称単数 or 複数SA形
①人名単数kay + 人名
複数kina + 人名
②人名以外単数sa + 名詞
複数sa mga + 名詞
③人称代名詞1人称(わたし)単数sa akin
複数sa amin
sa atin
2人称(あなた)単数sa iyo
複数sa inoy
3人称単数sa kanya
複数sa kanila
④指示代名詞近称(ここ)単数dito(rito)
複数sa mga dito
中称(そこ)単数diyan(riyan)
複数sa mga iyan
遠称(あそこ)単数doon(roon)
複数sa mga iyon

では、上の表についてもう少し詳しく見ていきましょう。

1. 「人名」が来る場合

人称単数 or 複数SA形
①人名単数kay + 人名
複数kina + 人名

「人名」と接続する場合、つまり「それは田中さんのです。」、「田中さんたちに〜」などと言いたい場合は「kay」や「kina」を使います。

kayは単数つまり1人を指しますが、「田中さんたちは〜」と複数の人物を指す場合は「kina」を使います。

例文

(1)A:これ誰の?
B:田中さんです。

A:Kanino ito? カニーノ イト
B:Kay Tanaka iyan. カイ タナカ イヤン

(2)マークさんはルビーさんたち優しい。

Mabait si Mark kina Ruby.
マバイット スィ マーク キナ ルビー

どうですか。難しいですか。

人名の時は「kay」か「kina」を使うとだけ覚えておけば、そんなに難しくはないですね。

  • 人名が来るときは「kay」か「kina」を使う
  • kayは単数形、kinaは複数形

2. 「人名以外」が主語になる場合来る場合

人称単数 or 複数SA形
②人名以外単数sa + 名詞
複数sa mga + 名詞

人名以外、つまり子供や建物などの普通名詞と接続する場合は「sa」と「sina」を使います。

「SA形とは?」で登場した例文でも「sa」を使っていましたね。

複数の物と接続する場合は「sa mga」を使います。

例文

(1)私はBGC行った。

Pumunta ako sa BGC.
プムンタ アコ サ ビージーシー サ サバド

(2)彼は子供たち英語を教えた。

Nagturo siya ng Ingles sa mga bata
ナグトゥーロ シャ ナン イングレス サ マガ バータ

  • 普通名詞が来る時は「sa」か「sa mga」を使う
  • saは単数形、sa mgaは複数形



3. 「人称代名詞」が来る場合

人称単数 or 複数SA形
③人称代名詞1人称(わたし)単数sa akin
複数sa amin
sa atin
2人称(あなた)単数sa iyo
複数sa inoy
3人称単数sa kanya
複数sa kanila

所有や方向を表す場合「私の」や「私に」という言葉になりますね。

タガログ語の場合、単数・複数に関わらず「sa」を付けて表現します。

ただし英語でも「my」や「me」のように単語が変わるように、タガログ語でも上の表のように単語が変わるので注意してください。

残念ながら、これは覚えるしかないので、何度も声に出して練習しましょう。

尚、「SA」が所有表現として使われる場合は省略することも可能です。

例文

(1)A:これ誰の?
B:彼女のさんです。

A:Kanino ito? カニーノ イト
B:(Sa) kanya iyan. サ カニャ イヤン

(2)彼は私たちだけ優しい。

Mabait siya sa amin lang.
マバイット シャ サ アーキン ラン

  • 人称代名詞が来る時は単数・複数に関係なく「sa」を使う
  • 所有表現の場合は「sa」を省略しても良い

4. 「指示代名詞」が来る場合

人称単数 or 複数SA形
④指示代名詞近称(これ)単数dito(rito)
複数sa mga dito
中称(それ)単数diyan(riyan)
複数sa mga iyan
遠称(あれ)単数doon(roon)
複数sa mga iyon

指示代名詞と接続する場合、単数であればsaは必要ありません。

そして意味ですが、「ここ」や「そこ」、「あそこ」といった意味になります。ですので、単語として覚えておくと良いでしょう。

複数の場合は「sa mga」を付けて言います。

  • 指示代名詞が来る時は単数形の場合、標識辞は不要。複数形の場合「sa mga」を使う

まとめ

今回はタガログ語で文を構成する際に重要な役割を担う標識辞と、その代表である「SA形」について紹介しました。

1つ1つ見ていくと、そこまでややこしいものではないので、文を作ってみたり、作った文を声に出すなどしてしっかりと練習しましょう。

SA形のまとめ
  • 「SA形」は所有、時、場所、方向を表す機能がある。
  • 人名が来る場合は「kay」か「kina」を使う。「kay」は単数、「kina」は複数。
  • 普通名詞が来る場合は「sa」か「sa mga」を使う。「sa」は単数、「sa mga」は複数
  • 人称代名詞が来る場合は単数・複数どちらの場合も「sa」を使う。ただし所有表現の場合は省略可。
  • 指示代名詞が来る場合、単数形なら標識辞は不要、複数形なら「sa mga」を使う。
created by Rinker
¥4,104
(2019/09/16 14:35:30時点 Amazon調べ-詳細)

【タガログ語文法】これで完璧!「ANG形」の解説タガログ語の標識辞(マーカー)の1つ「ANG形」についてわかりやすく解説しています。タガログ語に興味がある方はぜひ読んでください。...
【タガログ語文法】これで完璧!「NG形」の解説今回はタガログ語で文を作る時に必要となる要素「NG形」について学習しましょう NG形って何? 以前、「ANG形の解説...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA